Multi-engine class rating(VFR & IFR)資格取得コース
このコースはFAA自家用または事業用、飛行機陸上単発、計器飛行証明保持者が対象です。多発機に装備されているより高性能な計器、航法システムをフルに活用し、操縦技量とIFR全般についてレベルアップを図ります。コースは、VFRオペレーションを訓練後、IFRに移行します。訓練を通して、よりハイレベルな知識、操縦技量が養われます。コース修了後、FAA試験官による口頭、実技試験のみで、学科試験は免除となります。
.
フライト(同乗訓練)
学科
VFR
プリフライトチェック
コクピットマネージメント
エンジンスタート
タキシング
基本操縦操作
マニューバー訓練(スローフライト、失速からの回復、急旋回)
シングルエンジンワーク(VMCデモ、ドラッグデモ、
  フェザー/アンフェザープロシージャー)

多発機オペレーションにおける緊急時の対応操作とトラブルシュート
多発機の構造
性能(パフォーマンス)と運用限界
緊急時の対応操作とトラブルシュート
・IFR
についての総復習
総復習
口頭試験対策
IFR
基本計器飛行
計器飛行によるマニューバー
ナビゲーションシステム(VOR, DME, LOC, ADF)を使った飛行
計器出発方式
エンルートプロシージャ−(ホールディング、DMEアーク)
計器進入方式(ILS, LOC, VOR, NDBアプローチ)
ミストアプローチプロシージャー                
IFRにおける緊急時の対応操作とトラブルシュート
.
校内模擬試験
.
FAA 口頭、フライト実技試験 合格
.
.
Multi-engine class rating 取得